♪ようこそ♪
★新着記事★
★コメントありがとね★
★お品書き★
ARCHIVES
★仲良しリンク★
PROFILE
おことわり
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはお断り致します。

マミポコの撮り日記

身の回りの写真とぼやき、、、気が向いたとき更新。
2010年あたりからの写真はほぼクリックで拡大して見れます。
(たぶん・爆)
勝手に秋休み(7) 〜憧れ、再び〜

10月6日(土)

 

八甲田温泉を後にして、十和田市内へ。

 

今日からは!なんと!!!おひとりさまではなく!

仲良し様と合流しての撮影旅なのです。オタ友なのです

 

え〜っと・・・すっげぇ霧なんですが。。。

私・・・無事に市内に着けるのかな。。。

 

という心配も山を下ったらクリア。レンタカー屋さんでサクッと車を返して、

迎えにきてくれた仲良しさんと合流。

ここからは仲良しさんのお車様で移動!

 

現地のお味ももれなくチェックするよ〜!

  

仲良し様の提案で、ここでひるめしにしよっか、と立ち寄った八戸の「みなと食堂」

は、激並びだったのでパス。

 

でも、朝めしはらいっぱい食っちゃったし、むつ食品さんの揚げ物けっこう腹に

たまるので、特に「はらへった〜」コールもなく進みます。

 

同行の仲良し様、めっちゃ話がおもしろいので、移動もあっという間。

 

とはいえ、十和田から八戸経由の海沿いを約160km。

 

到着しました。

 

憧れ、再び。

約3か月ぶり、の田老鉱山でございます。

 

はぁ〜〜〜〜も〜〜〜〜・・・見ただけでドキドキする・・・・

 

前回同様、今回も同行者様がおりますので長居はできませんが。

 

同行者様を危険には晒せませんのでサクっと準備して、おひとりさまアタック。

 

前回は時間の都合で接近しなかったシックナー。

 

ここは今回マストで見たかったのです。

金属が混ざってますよ〜・・・って色してますナ。天気がイマイチなのが無念

 

更に進みます。

 

最初の写真の建物へ。

 

 

もうそろそろだいぶヤバい感じですなぁ

 

朽ちてゆく建物と木々に見惚れてしまうね・・・

 

しかし、残してきた仲良し様も気になるので、先には進まずに戻ります。

 

お名残り惜しい・・・(;;)

 

また来たいけど、さすがに金と時間が・・・・・

 

ほんで、帰るまえに鉱山で働いていた人の?寮など。

 

 

夏に来た時よりは歩きやすい・・・かな

 

 

住宅の中

 

 

室内に落ちていた当時の新聞。 昭和38年2月16日 土曜日 だって。

 

 

 

また訪れることがあるのかないのかはわからないけれど、機会があれば、きっと。

 

で、海沿いに移動しまして。

 

ココも前回来ましたが。

 

ラサ工業鍬ケ崎貯蔵施設跡

 

蔦が紅葉してイイ感じですのなぁ〜。

 

で、ここで仲良し様のロケハンも兼ねて宮古港に寄り道。

仲良し氏はフェリーターミナルのチェックですが、私は港にあったあるブツに夢中。

 

なんじゃあれ!風力発電のパーツじゃんね!?

わ〜近くで見たのはじめて〜!でっか!!!あの棒が乗ってるトラックって、専用のやつ

だよね〜?タイヤ何個ついてんだろ?すっげー!とかなんとかひとり大興奮。

 

 

これはこれで眼福でございました(^^)

 

この時点で、お時間16時半。

 

途中、仲良し鳥屋様がDMで「そのあたりから盛岡に抜ける山道の岩場は日本最大のイヌワシの

繁殖地だよ!」というありがた〜いお知らせももらったりしましたが、、、、真っ暗。残念

 

移動の道中、久しぶりってのもあるけれど、とにかく話が面白すぎて、喋りすぎて喉がガラガラ

になるというアホっぷりも旅の醍醐味ですな。

 

ほんで、盛岡!

 

ばんめしは!もちろん!!コレ〜

  

ひとりで食べてもおいしいですが、お友達と一緒に食べるともっとおいしいすな(^^)

 

おいしいばんめしに大満足して、本日のお宿へ移動!

 

八幡平南温泉 旭日之湯

 

十和田から324km、運転お疲れさまでした。

宿に着いたら、それぞれの部屋に引きこもりまして。(個々にオタ活もありますし)

 

とりあえず温泉入るよね〜

こちらのお湯、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉とのコト。

蛇口から出るお湯は硫黄と2価の陽イオンみたいな味がした。

 

長風呂ってほど長風呂したわけでもないけれど、グッタリのぼせたので、風呂のあと

はそのままおやしゅみ。

 

でも、なんだか風が強いし、台風こっちに来そうなんですけど〜???

 

◆◆ツヅク◆◆

| 逃亡など。 | 20:26 | comments(0) | - |
勝手に秋休み(6) 〜八甲田温泉〜

10月5日(金) 続きです

 

蔦沼の駐車場を出るころには、暗くなってきていて、更に雨まで降りだす始末。

慣れないくねくね道を30分ほど走って、本日のお宿に到着したのは17:45頃。

   

フロントで受付したら「お夕飯18時から食べれますけどどうしますか?」と

きかれ、内心「エッ、早!」と思ったものの、とっとと食ってしまうことに。

 

  

凝った作りの階段をのぼって本日のお部屋へ〜♪

古めの温泉宿、って感じですなぁ〜。おちつくぅ〜。

で、荷物を部屋において、とっととおめしに向かいますよ〜!

 

食堂とばんめし

 

塩焼き、天ぷら、そば、ほたるいか、なめこの和えたやつ、釜めしと鴨のお鍋。

一日アホみたいに遊び倒した上に、ごはんまでこんなに豪華で・・・

いいのぉ〜?

・・・いいのぉ〜??(ええんやで)

 

 

鴨のお鍋・・・うまかった・・・

 

食事にきてるメンバーはだいたい、定年後の夫婦かと思いきや、私のような

おなごおひとり様もおるし、オッサン3人組(楽しそう)もおったり。

いちばん最後に席に着いた割に、一番最初に食い終わって、とっとと退出。

 

部屋に戻る前に、廊下に飾られている骨董を見てみる。

  

あ...こんな落雁の型...うちにもある...

とかなんとか、いろんな物があって見てて飽きない...

 

 

電話は現役で使えるご様子。そして、廊下のライトが特殊なのか?あいひょーんだと

何度撮ってもホワイトバランスがおかしなことに・・・w

 

→ ひとまず部屋に戻ります

 

電波ねーし、やることないのでとりあえず第一回温泉!!

 

浴衣持参で、らむねの湯へ・・・

 

 

らむねの湯は別棟になってて、外履きに履き替えたりして行ってみたら、

あれれ?ダーレもいないの?

 

てんで、写真撮ってみたり

 

透明で、浸かると皮膚にぽつぽつと泡がつくので「らむねの湯」だそうですが。

 

pH2.4ですよ?

 

私、入って大丈夫なの...?(汗

 

とりあえず、入ってみてから考えよう、と気合入れてかけ湯。

うん、全然大丈夫っぽい。

体洗って、エイヤっと浴槽に入ってみたものの、全然平気♪

いや〜、ここまでアトピー治ってて、よかった。まじ感謝。

試しに、お湯が出てきてるとこからすくって味見てみたら、成分表見て「ワカル〜!」

って味がした。硫黄系と渋みとめちゃめちゃ硬いミネラル風味

 

浸かっていて、けっこうきついお湯のような感じがしたので、長湯はせずに、撤収。

 

ストーブ、あったけぇ〜

 

 

ここで「あ、またやっちまった、3回目か!」と思ったわけです

が、特に変色もしてないので、ここのお湯はそんなもんか、と納得。

 

 

 

 

 

 

日本語、微妙でニヤニヤした

 

部屋でお茶淹れておやつ食べつつ、撮った写真を見返したりしてましたが、

まぁ、200劼曚姫薪召函△覆鵑世んだ撮影で神経使ってたし、温泉入って

9時にはお休みしました。健康的ぃ〜
 

続きを読む >>
| 逃亡など。 | 23:36 | comments(0) | - |
勝手に秋休み(5) 〜蔦沼〜

10月5日(金) 更に続きです

 

予約していた温泉宿、まさかの休業中の張り紙に一気にざわつく私氏。

 

とはいうものの、「電波ねーよ、なう」状態がずっと続いておりますので、

とりあえず、電波とかありそうな場所に移動して連絡をとらないといかぬ

ワケでございまして。

 

逃亡に出る二週間ぐらい前に予約した宿から電話があって、宿ご自慢の温泉

4つのうち、3つが設備不具合で温泉ひとつしか入れないんだけどどーする?

って電話があって、変更すんのも面倒くせえので「そのまま泊まります」と

返事をしたもんなんだが。

 

最寄りの観光地っぽい場所で電波入りそうな場所・・・

土地勘なんて皆無!ナッシング!!なので、とりあえず時間はあるし、行って

みたいとこ行けばいんじゃね?(なんて投げやりな)ってコトで蔦沼へ。

 

おお?入るよ?電波!!

 

ってんで、蔦温泉の駐車場で宿にお電話。

 

蔦温泉の建物、すばらしく雰囲気のあるいいお宿ですのなぁ〜。

泊まってみたいけれど〜...きっとお高いんでしょ??

 

宿の方は、日帰り入浴の人が間違って紛れ込まないように張り紙してた、とのコトで宿泊には問題ないから、いつでもカマーン!って言われたので、カメラふたつ持って蔦沼へてくてくと歩いていきます。

 

こちら、ちょっと前にネットで話題になった真っ赤な紅葉のリフレクション写真が撮られた場所なのですが、まだトップシーズンではないので、人はまばら。

 

しかし、それなりに観光地なのでカメラ女子っぽいのがうぞうぞいて居心地悪ぃな、などとぼやきつつ、不思議な踏み心地の遊歩道を進みます。

 

沼の手前にこんなとこもあったりして、歩いてて退屈はしないんだけど・・・

 

暗い・・・

 

写真撮れんのかよ、ってハイパー曇天です。

 

こんなの落ちてたり。

 

着いたぜ、蔦沼〜!

 

 

う〜ん、曇天!

 

風の影響も受けづらくて、リフレクション撮るのにはいいロケーションです

なぁ〜。

 

条件が良ければ翌朝早起きして早朝リフレクション狙い、も考えていたものの、

明日雨らしいのでいつかの再訪の時のためのロケハン、ってことに。

 

リフレクション意識して撮りたいんだけど、暗くてSS上がんないしさw

紅葉してないので長居する人もおらず、のんびり気楽に撮影できて、これはこれで

かえってよかったのかな、と思ったり。

 

春の芽吹きの頃も、秋の紅葉もヤマドリゼンマイは私的パーフェクトルックスな

植物なのです。

 

紅葉のトップシーズンではないけれど、周りを見回すとそこら中、秋色なのです。

 

 

休憩してたらザトウムシにたかられてら〜

 

吐く息が白くて無駄にハーハーしてみたり、のんびりおやつ食べたりしつつ

一時間半ほど遊んで大満足(もっと天気がよかったらね〜)

 

 

周りの景色も楽しみつつ、来た道をてこてこ戻ります。

 

さて、30分ほどのドライブで電波のない世界に戻りますよ〜!

 

◆◆ツヅク◆◆

| 逃亡など。 | 18:43 | comments(0) | - |
勝手に秋休み(4) 〜上北鉱山〜

10月5日(金) 続きです

 

日本特殊鋼管大湊工場跡の撮影にやや魂を抜かれた状態で、本日のお宿が

ある八甲田方面へ移動です。

 

コロッケをもぐもぐしつつ、何度か道も間違えつつ、みちのく有料道路から

県道242号後平青森線に入ります。

ネットでざっと見ると、険道とよばれているだけあって、

「右に落ちると川、左は溝、というパリッとした緊張感のある砂利道を走って

おります」などとつぶやきつつ運転しておりました。

 

こんな道ですな

 

でも道中こんな眺めがあったり、

 

こんな眺めもあったり、

緊張感はあるものの、気持ちのいい道を進んでいきます。

ちなみに電波はところどころ入ります(1本とかだけど)

 

 

途中、車を降りて撮影してみたり。

 

しっとりとしたツタウルシの赤がよいですなぁ〜。

 

橋だったのかなんなのかわかんないけども。

ハイパー曇天で、手持ち撮影が厳しいぐらい暗いのです。

 

でも、沖縄では見られない秋の色なので、たびたび車を降りては撮っちまうわけですよ。

 

 

もうちょっと明るければ真面目にフィルターかけて反射もカットしたのにねぇ...

 

 

見たかった上北鉱山です

 

 

絶賛営業中のようなので(写してないけど、普通に事務所もありますし)道路から

サクッと撮って通過しました。

 

まぁ、全部が全部あのクラス(午前の部のアレ)だったらテンション上がり

すぎて体力1日もたんわ、と納得して次に進みます。

 

鉱山からずっと道路脇にパイプが敷かれていて、排水かなんかが通っている

のかしら、と思って見てたのですが、実際のところは何を運ぶパイプなんで

しょ・・・。田老鉱山でも道路脇にずっとあったし

 

 

こんな細い林道で黒塗りの高級車を含むレンタカー集団とすれ違ったり

しつつ(きっと鉱山を偉いマンが視察とかすんだろーな)、八甲田側に

抜けたのは15時前で。

 

ここまで来ても、あいひょーんの電波は未だ入らず、カーナビに頼る

しかないのですが。

 

県道242から県道40号線にぶつかったとこに本日のお宿(八甲田温泉)

の看板があったのですが。

 

 

休業中

 

って書いた紙が看板の上に貼られてまして。

 

おーい!

 

どーするよ?

 

連絡したくても電話かけれねーじゃーん??

 

ってことで、県道40号を電波のある方目指して(あてずっぽ)進みます。

 

◆◆ツヅク◆◆

| 逃亡など。 | 23:30 | comments(3) | - |
勝手に秋休み(3) 〜憧れの廃墟〜

年、またいでしまいましたが、今頃更新いたしますよ、と。

 

10月5日(金)

 

おはよう下北。

 

旅先とは思えないほどよく眠れた快眠度80%な朝です。

 

素泊まりと思ってたけれど、朝めしついてるので食べてから

出かけることに。

 

朝は軽めに〜♪

 

ロビーのテレビで沖縄の台風の被害状況が流れていてチラッとみたものの、

前のより全然軽そうなので、心配せずに本日の予定をこなすことに。

 

本日メインのターゲットは!

 

日本特殊鋼管大湊工場(跡)

 

ここ見るためだけにはるばるむつ市までやってきたんですの。

昨日、市内に入って夕暮れ時でうっすらと煙突が見えてめちゃめちゃ

テンション爆上がりでございまして。(その割にはよく寝たけど)

 

こういった場所はアプローチ箇所を探すのに苦労するのですが、今回は

人の踏み跡・・・というか、きれいに除草されてんだけど、大丈夫なの?

みたいな感じの道(?)から入ってみます。

 

お約束

 

とりあえず、安全靴とヘルメット装備で進みます。

 

キーーーターーーー!!!

憧れへの入口です。

 

  

80年前の建物とは思えないほど、しっかり残っています。

 

 

ホッパーかな

 

日本特殊鋼管大湊工場は1938年12月にこの場所に新設され創業を開始し、

砂鉄の製錬を行っていたが、1943年には海軍に供出されて軍需工場として

稼働したのちに1945年、終戦に伴ってその役目を終えた。

 

って、調べてみたらそんな内容がヒットしてきたんだけども、あちこち

言うてることが違うので、違ってたらメンゴw

 

 

 

なぜかめっちゃ階段にこだわる私

 

そして外にも階段・・・

 

 

階段の先は・・・

左側は先ほどのホッパーの上部になりますのねん

 

 

チラ見

 

中はさっきの階段・・・しつこい・・・

 

次、いきます

煙突ドーン!

 

こういった煙突とか古い建物なんか、いつ落下物があるかもしらんので、

覗いたりとか、中に入ったりとか、ホント、マジでお勧めできませんので。

あくまで自己責任で入ってるので、、、悪しからずね〜。

 

別の建物です

 

 

緑が豊かで美しいですなぁ・・・

 

 

レンガを積んで、セメントで塗り固めているのね・・・

レンガだけじゃだめなのかしら。。。

 

人が住んでいたらしい空間

 

2時間ほど集中して撮影して外に出たら・・・

 

行きには気づかなかった花やトンボが・・・

 

また撮影に来たい場所がひとつ増えてしまった・・・

 

お名残りは惜しいけれども、先は長いので感傷に浸る間もなく移動です。

 

朝めしが軽めだったので、コンビニで買い食いをだな

って、食べてて「あ!!私イカメンチ食べたいんだった!イーブイなんか買ってる場合じゃないんじゃん!」って思い出しまして。

 

イカメンチ売ってるらしいお店に

 

イカメンチが売り切れてたので、大湊海軍コロッケをお買い求め。

 

この時点で、お時間はまだ10:30ほどですが、移動が長いので先を急ぎます。

 

◆◆ツヅク◆◆

| 逃亡など。 | 20:08 | comments(0) | - |
伊平屋島、アゲイン(3)

さすがに3日目ともなるとお疲れ・・・

 

ってホドでもない不思議。

 

まぁ、好きなことやって遊び呆けてるからでしょうな。

この日も雲がイイ感じ!!

 

9時発の1便に乗りこむ前に、ヘツカリンドウを見に行ってお別れして、

フェリーに乗り込み、約一時間の船旅をば。

 

一ヶ月に2回も車持ち込みとかアホですか・・・

 

定刻通り運天港に到着しまして、普段ならここで家に向かうところ・・・

ですが!・・・翌日も休みですので。

 

せっかくだから北上しちゃうもんね〜

 

ってんで、本部半島を脱出して一路ヤンバルへ。

山!入ります

 

と、まぁ、さすがに我ながらアホが過ぎるかしら、とも一瞬思ったりも

したけれども、知ってる場所だし、体力的にも問題ないのでGo!

 

ハイ、本島タイプですよ〜

   

白花はみつけたときに一瞬うれしいけど、冷静に見ると色ついてる方が

きれいなんよね・・・。

 

 

花弁4枚の花と、オキナワテイショウソウの花も

 

オキナワテイショウソウも雰囲気のある花ですなぁ〜

 

そして、これが生えてる場所には、たいていこのひっつくヤツが

一緒に生えていて、ローアングルで撮影なんかしようものなら

全身この種まみれになって不愉快極まりないことこの上ない!(怒)

ちくちくにまみれたまま、登ってみましたが、とりたてて見たい

花も咲いてなさそうだし、頂上アタックはせずに下山。

左側は東海岸、右のは福地ダムか、大保ダムか・・・わからんわ

 

車まで戻ってから30分ほどかかって、全身にくっついた種を取り除いて

移動です。

 

イイギリの赤がキレイ〜。

この時期ならではの眺めですなぁ〜。

 

ほんで、場所を移動しまして、飽きずに・・・

   

  

この場所のは地色の黄緑色に差し色で紫が少し入っているパターンで。

 

もともとそんなに明るい場所に咲く花でもない上に、曇天&夕方で

撮影には苦労しました・・・(次は明るい時間に撮りたい)

 

ほんで、林道から降りてきて「いのぶたそば食べたい〜」って突撃するも

閉店時間間際で、閉店の札がかかっていたので、大好きな「やまかわ軒」

さんにチキン南蛮を食べに・・・

 

のはずが?

ギョーザ食べたい欲に勝てませんでした・・・

 

チキン南蛮も食べたけどね・・・

久しぶりのあったかいお米・・・おいしかったよ・・・(涙)

 

ちゃんとしたごはんを食べたら疲れと眠気が出てきて、この状態で2時間

運転して帰るとか無理〜!ってんで、車中でもう一泊して、翌日。

 

天気がよければヘツカリンドウの撮り直ししよかとも思ったけれど、曇天

だったので、そのまま帰りましたとさ。

 

お疲れ!よく遊んだよ、私!

| 逃亡など。 | 20:30 | comments(0) | - |
伊平屋島、アゲイン(2)

おはよう4時起き。

 

島の西側の海岸でおやすみして、海に沈む月が撮りたくて早起き。

 

月が沈むときも空って焼けるのね

 

雲が赤い

 

そして月没

 

赤い月の照り返し

 

月を見送って、明るくなり始める空

 

車撮りにきたんだか、花撮りに来たんだかわかりませんなぁ〜。

 

ま、楽しければなんだっていいんですよ。

 

ここでちょこっと二度寝をしよかと思ったものの、目がさえて寝付け

なかったので、あさめしタイム。

 

花がある場所は暗いので、日が昇りきるまで景色をみながら、

のんびりと過ごします。

 

なんとも贅沢な時間ですなぁ〜。

海が近い!

 

ほんで、充分に日が昇りきった頃には・・・

暑い!

 

暑いよ?

 

ホントに12月なの?やせ我慢とか全くしてないんだからねっ!!

 

ってなもんで、まえどまりスーパーにお世話になるわけです。

アイスモナカうめ〜!って運転してたら道曲がるとこ間違えるというね・・・

 

昨日の撮影ポイント周辺をねちねち探したらけっこう開花してる株

があったというね・・・

 

やっぱ、落ち着きって大事よね〜

 

で、撮影です

 

まずは全体的なディテールをば

 

ストロボなしとあり、で。

 

光あてることで、細かいディテールとか色味感もわかるかな、と。

今にも蜜が滴り落ちそうなみずみずしさ

 

 

 

本島タイプでは見られない独特の色

 

どれをとっても見ていて飽きないですなぁ〜

 

アール・ヌーヴォーの装飾品から抜け出てきたかのような色気のある曲線。

 

もっと別のタイプも見たかったけど、大満足いたしました(^^)

 

 

撮影風景だったり、株の大きさ感など。

 

撮りたかった花が撮れて満足したので、一等地貸し切りでのんびりランチなど。

 

 

その後はぷらぷらドライブなのですなぁ〜。

 

 

そして日暮れ時・・・

ウットリするような、とろりとしたいいお湯に浸かっているような

極上の日暮れでした・・・・・

 

ここからは・・・

 

大人のお楽しみターイム!!!なのです

 

ハイ

いや、いい大人がゲーム?じゃなくって!!

いい大人じゃないとできないゲームなんだっつーの(金銭的にとか)

 

ってことで、メンバーと連携して(私はソロだけど)3時間ほど島の

中をぐるぐるしまして〜・・・

 

ドボン! (」・ω・)」えーん ☆(/・ω・)/ らーい

うひゃひゃひゃ気持ちい〜い!

 

沖縄本島沈没はいつかやりたいと思って(忘れて)いたのです・・・。

 

シルバーだったイルミが黒になりました(汗 

 

 

「今度島に行くからなんかやりた〜い」とかなんとかいう大変にアバウトな

ワタクシの要望にお応えいただだきまして、調整から一緒にキャーキャー

騒ぐとこまでつきあってくれた緑組のエージェント様方には感謝感謝しか

ないのですなぁ〜。

 

ちなみに、前週の久高島はコレの仕込みだったわけですw 邪魔リンクカット

 

無事に大三角仕上がったのが22時ごろ・・・

 

腹もへるわけですよ。

面倒なので海見ながら、カップのカレーうどんなど。

 

気温は20℃ほど、月は満月、浜は貸し切り。なんと贅沢な。

 

「わ〜 カップの中にお月様〜 全〜然雅じゃない〜」

 

とかなんとか、だいぶ変なテンションついでに後ろの砂山に這って登って

月明りでのお車様をば。

後ろの明かりは灯台ですのん

 

この日は全く雲がなくて面白みもなにもないので、とっとと寝ましたとさ!

 

怒涛の二日目、これにて終了〜

| 逃亡など。 | 23:30 | comments(2) | - |
伊平屋島、アゲイン(1)

ですの。

 

アホですか?

 

アホなんでしょーね。

 

だってどーしても件の花が見たかったんだもん。

 

二週間前にある場所もつぼみつけてるとこまで確認してんだから、

行くしかないでしょ。

 

その前に。

 

朝イチで毎度お世話になっている美容室様へ。

 

今月は忙しくて、行く暇がなかったから髪の毛酷いことになってるのだー!

髪の毛きれいにしてもらって、いざざざ!島へ!(今回は2便でGo!)

 

到着してすぐばんめし作って食べる、ってのもアレだろうな、ってんで

途中、名護の「パンチョリーナ」さんでパンを買って運天港へ向かいます。

 

パンチョリーナさんのチキンカツサンドは激烈おススメなので、北部に

行く人は名護で買ってもぐもぐしながら行くと幸せ度がアップするよ。

あさめし抜きなので、もぐもぐ運転で港に向かいます。

 

今月2度目の気軽さw

 

今回はデッキにでてみることに・・・ 

 

快適ぃ〜♪

 

この日はすごく雲がいい顔みせてくれた日〜

 

逆光と順光ね

 

さて、定刻通り島に到着しまして、感慨とか証拠写真とか撮る間もなく

花のポイントへ直行。

 

・・・咲いてない。

二週間前とほとんど変わんないカッチカチのつぼみじゃ〜ん?

 

え、、、マジか。マジですか。

 

悪夢アゲインか。

 

って半泣きでそこいら中探して、やっと1輪だけ開花している株を発見。

 

あぁ・・・よかった(冷汗

 

見たかった花見れた感動よりも、安堵の方が大きかったりして。

 

この時期に度々撮ってアップしているヘツカリンドウの伊平屋タイプですな。

 

本島タイプより赤みが強くて、もりもりとボリュームがある感じ。

 

時間も暗くなる一方なので、とりあえず移動。

 

夕焼けがきれいだったので。

 

その晩は満月の前日で月が明るくて快適気温なので、海辺で撮影など。

 

流れる雲がいつまで見てても飽きないけれど、ほどほどにして寝ないと

翌日に響くので、22時には車中でおやすみしました。

 

また明日ね〜。

| 逃亡など。 | 22:30 | comments(0) | - |
二度目の島(3)

ハイ、3日目。

 

と言っても、帰るだけなので。

 

めしも食わずに、8時半ごろ港に到着。

雨です・・・

 

大きい車はこうやって固定すんのね

帰りはシート倒してグースカしてたので酔わずに済みました(^^)

 

花は見れなかったけど、面白かったからヨシ!

| 逃亡など。 | 15:00 | comments(0) | - |
二度目の島(2)

伊平屋逃亡、2日目。

 

車中泊ですが、エアーマット持参のおかげでよく眠れました(^^)

 

9時の一便が出航するのを見送って、山で目的の花捜索に入ります。

元気w

 

車を降りて探し始めて、ほどなくして目的の植物はみつけたものの・・・

全く咲く気配すらないつぼみの状態でw

 

え〜・・・あ〜・・・ん〜・・・そうよね〜・・・

 

今年、いろいろと花とか鳥とか時期がずれてたりするもんね〜

 

と、諦めてその場を離れまして。

 

やることなくなったので、島をドライブですよ。

 

曇天だけれど、雨は落ちてこないのでお車様撮ってみたり〜・・・

 

 

海の写真撮ってみたり〜

 

またお車様

 

私が車を引きで撮るのは珍しい

 

天気がよければねぇ〜・・・

 

(ヒマなので)お店行ってみたりとか

 

 

港の食堂でひるめし食ってみたりとか

 

ひるめし食ってたら運天港発の1便が入港してきた

 

島内をぶらぶらあてもなくドライブしていて何気に橋の上を通過・・

鴨がいっぱいいるな〜・・・

 

手前になんかすっげーでっかいのがいるんですけど?

 

コ?

 

コウノトリ??

 

だよね?

 

慌てて橋の上でブレーキかけて停車して、鳥が逃げる様子がないので

とりあえず大砲をセットして手持ちで撮影。

2ヶ月ほどずっと左手首痛いまんまですけど、気合と根性で撮影w

 

後日、鳥見師匠にきいてみたら2ヶ月ぐらい前からいた情報はあったそう

なんだけど...「知らんで見たらそりゃ驚くだろ」って笑われた。

だって初見なんですもの

 

ひととおり、島を周りつくしましたので、その夕方には・・・

 

コレですな。

前にきたときよりポータルの数増えてるし、白ポいっぱいある〜!!!

 

ってことで、エージェントモード発動ですよ。

 

薄暗い時間ですが、こんなとこも

 

こんなとこも

 

こんなとこだってじゃんじゃん行っちゃいますよ〜!

 

久米島で盛大にバチがあたったのにまったく懲りてないマン

 

おかげさまで21個もUPC取れました♡

 

満足感と共に、その日は雨の音を聞きながら車中泊。

| 逃亡など。 | 20:31 | comments(0) | - |