♪ようこそ♪
★新着記事★
PROFILE
★コメントありがとね★
★仲良しリンク★
★お品書き★
ARCHIVES
おことわり
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することはお断り致します。
MOBILE
qrcode

マミポコの撮り日記

身の回りの写真とぼやき、、、気が向いたとき更新。
2010年あたりからの写真はほぼクリックで拡大して見れます。
(たぶん・爆)
早めの夏休み(5)〜田老鉱山〜

長々と引っ張ってきましたが。

そろそろ記事アップしないと中身忘れちまうので。

 

東北逃亡編、最終局面に入ります。

 

6月30日 盛岡

 

前日はそこそこ運転して、あれこれ撮って、温泉入って、台風で頭を 抱えたりした1日でございましたが。

快眠度約60%と、旅先にしてはよく眠れたようで。

サクッと5時起き。

 

6時には盛岡駅前で雷蔵氏に拾ってもらいまして、いざざざ!出発。

いやぁ〜 相変わらず惚れ惚れするべっぴんっぷりですなぁ〜。

 

こんなキレイに乗られてる子を見せられちゃぁ、ウチのお嬢も綺麗にしなきゃ!って、気合も入りますのなぁ〜。

 

福田パン。

前日に何が食べたいかリサーチいただきまして、希望の品を買ってきていただきました幸せ者。

 

→ もぐもぐしながら移動〜!

 

3時間ほど走って、最初の目的地〜!というか、私的にはこの日1番の目的地であります、田老鉱山跡に到着。

 

これが見たくて見たくて、やってきたんですの〜。

 

 

撮影に夢中な人↓

@雷蔵さん撮影

 

苔むしたブロック塀も美しい。

 

 

 

 

社宅・・・かな

 

田老鉱山は硫化鉱(硫安の原料として)の鉱山で、遡ると1857年に発見されたところが始まりとなる。

その後、1918年、当時の持ち主だった井口儉治が資金難の為に放棄後、釜石鉱山が引継いたが、同年にラサ島燐鉱株式会社が買収し、翌年から試験操業を開始した。

その後は、操業停止と再開を繰り返し、資源枯渇のために1971年に閉山となったが、最盛期には4,000人が暮らす大規模鉱山であったとのコト。

 

まぁ、現場で撮ってたときはそういうの一切予習してなくて、帰って来てからあれこれ調べたのですが。

 

こゆとこ行く前は予習しとくと視点が変わるから予習必須ですな!

あまりにも素敵すぎて一日過ごせそうな場所だけれども、当日中に仙台まで帰らないといけないので、サクッと撮影終わらせて移動です。

 

そこからちょろっと海沿いまで走りまして・・・

東日本大震災の震災遺構として保存されている「たろう観光ホテル」

 

津波により、1階と2階が柱を残して流出する被害を受けながらも現存している建物で、宮古観光文化交流協会が行っている「学ぶ防災ガイド」に参加すると館内が見学できるらしい...。

 

廃墟好き好き〜ちゅ〜てあちこち周ってますけども、災害で人が亡くなっている場所ってのは神妙な気持ちになりまして、写真を撮る枚数も少なくなってしまったり。

 

そゆこと言い始めると、沖縄なんかも大戦の時にそこら中で人が死んでたりするわけで、まぁ、あてくしのそういった気持ちもなんだかずいぶん大雑把なもんだな〜、と思ったりもするわけですが。

 

先、急ぎます。

 

こちらは、先ほどの田老鉱山で採掘された鉱石を一次的に貯蔵していた施設の跡で鍬ケ崎鉱石貯蔵施設跡、と呼ばれているらしい。

 

写真のピンが甘いのは田老鉱山で設定いじって忘れてそのまま撮っちゃった・か・ら〜・・・ テヘペロ

 

◆◆また、続きますよ◆◆

| 逃亡など。 | 21:45 | comments(2) | - |
早めの夏休み(4)〜怒涛の1日〜

鉱山の写真に余計なものをつけたくなくて、行程やらなんやら省いておりましたが。

まるっと1日ソロで活動していた29日の金曜日は、ホントに怒涛の1日でしたのよ〜ん。

 

まず、仙台から新幹線に乗るにあたって、指定席を買っていないワタクシ。

知らずに入場したらば、乗りたい新幹線が全席指定だったりとかさ。

 

駅員さんにきいたら、席に座ってて人が来たらどけばいいよ的なことを言われたんだけれど、ドアの前で立ってやりすごした小心者w

 

盛岡駅前でレンタカー借りて、ナビがイマイチ使いづらかったりしてクソクソいいながらの運転。

 

トイレ休憩の道の駅にて。

自動販売機の側面のお写真・・・ご当地ヒーローが。

 

この頃はなにも知らずにウキウキ運転してた・・・

 

グーグルマップさんにあちこち案内されて、現着(松尾鉱山)だいぶ遅れ・・・

 

しかも、移動中に沖縄にいる神様から「姐さん、熱低があるらしいですぜ」という連絡をいただいたり。

 

その後「熱低、台風になって日曜に直撃らしいよ〜」と忠告もいただいたり。

 

「げー・・・マジで?!帰り(日曜)どーすんよ」とかなんとかいいつつ、移動しつつ撮影しつつ、霧にまかれてみたりしながら。

 

尾去沢鉱山の撮影まではやっつけまして。

 

よくよく考えたら、自販機で買ったコーヒーだけで、めしも食ってないし、水も飲んでない。

 

ってコトで、帰り道「道の駅 かづの」にて

 

ももソフト、うまうま〜♪

 

これではらいっぱいになってしまったので、仲良し様に進呈するお土産をちょろっと買って往路と同じ道を戻るのです。

 

ハイ。

 

このためです。

 

煙もこもこですよ!温泉気分盛り上がりますなぁ〜♪

 

 

足湯もあるけど、温泉入るのでスルー。

 

 

お湯は硫黄泉で、泥湯やら打たせ湯やら炭酸泉?みたいなのとかサウナもあって

よかったんだけれども、タイムリミットもあるのでそうのんびりもしていられず。

 

更に、台風の状況なんか気にしつつ、半分心ここにあらずな感じで入りましたれば・・・

 

・・・やっちまいました。

3年ぶり、2度目。(リンク記事の後半ですw)

 

アホすぎる・・・

 

この場所、携帯の電波ないので焦ってもどうにもならぬため、とりあえずは

山を下りることにします。

 

途中、寄り道してこんなの撮ってみたりとかさ

 

で、ふもとまで下りてきたとこで、車停めて航空会社に連絡してみたら、

「まだ運休決まったわけじゃないから、変更じゃなくてキャンセル扱いやで」

と言われましたので。

残り2泊キャンセルして明日自腹で帰った方がいいのか、延泊したほうがいいんか。

結局、1日延泊したほうが金銭的ダメージが少ない、ってことで延泊決めまして。

決まってしまえば、職場にお詫びの根回しと、仕事に支障が出ないよう根回しと、

延泊分の宿の手配など。

 

それらを、ざっと済ませて盛岡へ戻りまして。

夕方の渋滞の中、ま〜!印象的な空〜♪

 

とか思ってたら、車返す頃には雨に降られる散々っぷり。

 

レンタカー屋とホテルが近かったので、ずぶ濡れにはならずに済んだのがせめてもの救い。

 

→ 本日のお宿にチェックイン → スーパーはらへり → めしめし!

 

ってことで、お宿の道向にあります「ぴょんぴょん舎」さんへ。

 

人生初!ソロ焼肉〜♪

 

盛岡にきたからには!!!冷麺食わなきゃ!

ってことで・・・

 

 

一見サラダだけれど、下にはちゃ〜んと麺がかくれてるし、レモン味でさっぱりうまうま〜ん(^^)

 

で、コンビニでみつけた気になるやつを部屋で飲みつつ、昼間撮った写真を見返してみたり。

前日は移動日として、逃亡の行動開始1日目からなんともいろんなことのあった日〜だったけれども、行きたかったとこはふたつともクリアできたので、まずは上々じゃね???

 

いよいよ明日は満を持して・・・・・なのだ!

 

◆◆続きます◆◆

| 逃亡など。 | 23:43 | comments(2) | - |
早めの夏休み(3)〜尾去沢鉱山〜

さて。

 

松尾鉱山を追われるように後にして(夕方にはレンタカー返却なので)

八幡平アスピーテラインを次のターゲットへ向って進みます。

 

が。

 

霧。

あまりの霧にちびってハザード点けて停止して撮りました(汗

 

あっこれ進んだらやばいやつじゃね?これ無理せんで引き返したほうがよくね?

とか悩んでいる間にも、対向車がぽつりぽつりとやってくるわけですよ。

 

えっこれ行っていいのかね、って進んでカルピスみたいに見えなくなって、

停車スペースで30分ほど待ってみたり。

 

さむい(車外の温度15℃どか)

 

全く晴れる気配ないし、寒いし。

 

それでも対向車は来るので、のんびり進んで・・・ 着きました!

 

史跡 尾去沢鉱山 看板撮んの忘れた

 

雰囲気ありますなぁ〜

 

先ほどの松尾鉱山は硫黄と黄鉄鉱の鉱山でしたが、こちらは銅の採掘が

メインで、1600年代から採掘されていた歴史のある鉱山とのこと。

 

時間ないので、坑道見学コースまでは行かず。

 

道路から見える範囲で。

 

 

過去と、現在と。

 

 

時間に追われてなかったら坑道も見たかったな〜!

 

満足してアスピーテラインを戻ります。

| 逃亡など。 | 23:00 | comments(2) | - |
早めの夏休み(2)〜雲上の楽園〜

ハイ。

 

おはよう4時起き。

 

起きたくて起きたわけじゃないけれど、二度寝したら完全にアウトな

感じなので そのまま準備をして、6時過ぎにはチェックアウト。

 

6:40のはやぶさに乗り込んで・・・8時前には・・・

 

来たぜ、盛岡!(3年ぶり、二度目)

またもや曇天ですが。

 

降らないだけマシ、ってことでレンタカー借りて一路目的地に向かいます。

 

腐れナビに文句をいいつつ、一時間ほど運転して・・・

 

着きました。

 

松尾鉱山 緑が丘団地跡

圧巻・・・

 

一度、本物をこの目で見たくて来たくて撮りたくて焦がれた場所に自分が

立っていることの感慨を軽く吹き飛ばしちゃうほどの圧倒的存在感。

 

これはこれで晴天でなくてよかったのかも・・・

と思わせる雰囲気。

 

ここが鉱山としてにぎわっていた頃は1万5千人もの人が暮らしていて、当時

最先端のセントラルヒーティングや水洗トイレ完備した鉄筋コンクリートの

集合住宅、学校、病院などが備わっており、当時は「雲上の楽園」と呼ばれ

ていた、とのこと。

 

今、聞こえるのは風の音だけ・・・

 

 

 

 

「雲上の楽園」のイメージは右の写真かな

 

ここの後に別の場所を撮りに行って、帰りに寄ったらいい雲が出ていたので

撮ってみました(^^)

 

また、来たい場所です。

 

| 逃亡など。 | 23:22 | comments(2) | - |
早めの夏休み(1)

6/28〜7/2の日程で行ってまいりました。

 

3年ぶりぶりっ!!東北っ♪

 

スーパー晴れ女が沖縄から晴れを連れて行っちゃうよ〜?

(行き先は一週間曇り/雨予報w)

 

はい、着きました。

 

曇天。

 

まぁ、これから今すぐ撮影行くわけでもねーしー・・・w

 

仙台空港の波型のシルエットはいつ見ても美しいですなぁ〜

曇天ですが

 

でも、曇天の割には思ったより暑くて、大荷物でホテルまで大移動で

汗だくだったりして・・・

 

仙台といえば、会いに行くのはあのお方でございまして。

 

ありがたくお迎えいただきました(合掌)

牛タンのどんぶり〜♪

 

おいしいごはんに新しいお友達までできちゃって、曇天差し引いても

おつりがきちゃうぐらい、いい出だしじゃなぁ〜い?

ウチのお嬢の姉(兄)上殿もあいかわらずのべっぴんぶりでした(^^)

 

ってことで、続きます

| 逃亡など。 | 23:06 | comments(0) | - |
久米島!

もう先週のことになりますが。 大好きな久米島に行ってまいりました(^^)

 

去年の8月以来なので約1年ぶり。

 

お目当てはこの子♪

 

ちょいとおつきあいいただきました。

 

おわかりいただけるだろうか

 

昼間は泳ぎに行きたかったんだけど、風向きやら気温やらを勘案して自粛・・・。

 

◆◆以降、虫、他注意!◆◆

続きを読む >>
| 逃亡など。 | 00:48 | comments(0) | - |
東北逃亡(4)
さて、コースを見るとやっと半分。

阿弥陀小屋の前で休憩タイムに、相棒殿は「あの山に登りたい」と男女岳指さし。

意地も根性もないワタクシ「行ってら〜♪」と笑顔でお見送り。

待ってる間にその辺の花を撮りますのな。



-チングルマ-


-ミヤマスミレ-


-ムシトリスミレ-


前日ほどではないけれども、さすがにこの気温で1時間ほど動かずにいると
寒く感じますナ。


相棒殿は後ろのピークに登りにいったのです。(頭の上の人は関係ありませんw)

戻ってきた相棒殿曰く「全然眺めよくなかったしw」

・・・で、、先、進みマス。

う〜ん、火山!な眺め。


雪渓〜!絶景〜!!


シラネアオイにもまた会えた〜


横岳から焼森山に向かうあたりで。アップダウンなくてらくちんなんだけど、、、
顔....死んでますナ。

それでもチョキは出すw

ここでもコミヤマハンショウヅル



-コメバツガザクラ-

ほんで、いよいよ昨日登った場所までやってまいりました!

焼森山 1,551m

ちょっと顔に元気が戻ってきているのは.....

コレ。


タカネスミレの群落までようやっと辿り着きましたからね。そりゃ元気も
出るってもんですわ。



昨日撮れなかった景色がらみも〜。





コマクサも咲いてましたん(^^)




相変わらず当方「うわ〜 すげ〜 山がまっ黄っ黄だ〜」などと昨日と同じ状態で。
 





小一時間ほど地面にへばりついて前日の不満を解消しましたので...
お名残り惜しみつつ、群落を後にします。

残雪の山との組み合わせがすばらしい(^^)

昨日、雨でツルツルになってワタクシの膝を弱らせた恐怖の下りざんす。。。


コバイケイソウ!

微妙に咲いてる...

残雪のとこまできたらあとはガシガシ進むだけですのん。

赤っぽいショウジョウバカマ


オオバキスミレ...でよかかね?

小さいけれど、なんでか大好きなマイヅルソウ。


無事下山〜\(^O^)/


とりあえずおちかりちゃんのバター餅。

相棒殿が車に忘れて大事にとっておいたのだそうで。味は...まぁ...微妙...

山ではゆっくりペースでの行動だったので、それから後が、まぁ〜大変。

レンタカー返す時間は決まってるので、慌てて温泉入って盛岡駅までレンタカーぶっとばし〜の。

レンタカーを無事に返却して「なんか最後に名物っぽいもん食べようぜぇ」ってことで
盛岡名物じゃじゃ麺。とおビールでかんぱ〜い(定番)私はお茶w

思ってたより、肉肉しくなくて味噌味噌しい..... 肉肉星人にはものたりない...

名物でおなかを満たした後は、駅のホームで相棒殿と握手で別れて、新幹線で仙台まで。

ひさしぶり〜の大人の遠足でございましたが。

仙台着いたら土砂降りだっちゅ〜の。

カサ持つ習性のないうちなーんちゅ様、さすがに街なかであのポンチョは出せねーし、
...とホテルまでにずぶ濡れざんす。

やっぱり「珍」の神様、簡単には開放してくれないのな〜。

| 逃亡など。 | 21:59 | comments(0) | - |
東北逃亡(3)
さて、東北3日目、夢も見ずにスカッと朝。

おひとりさまで使うには広すぎるお部屋でグッスリ快眠。

荷物を全て車に放り込んで、ゆっくり朝ごはんですのな。

シンプルな朝ごはんでしたが、ひとつひとつちょびっとずつだけど丁寧なお料理で、
なにより米がうまくて朝からめし2杯お召し上がり〜で、ああ満腹。

これから山登るちゅ〜のに、食いすぎたっぺ〜!

ハイ。

本日も登るです。

同じ山に。

・・・・だって、お天気いいんだもん。。。

写真やる人がおふたり様も揃ってて、昨日のアレだけで満足するハズないじゃんね。


昨日にも増して、快晴でございまんの。相棒は雨男らしいのだが

いくぜぇ〜!

アホ、気合い全開。

本日、お天気もいいし、時間もたっぷりあるので昨日とは逆回りルートで。


歩き始めてすぐ硫黄の匂いのする場所。活火山ですなぁ〜。


雪渓のそばにショウジョウバカマ。

うん、びゅりほ〜。

普通種でも、大好きな花でございます。


-オオカメノキ-

一時間ほど歩いていくと花が増えてきて、テンションも上がってまいりまいまい。

-コバイケイソウ-

こちらは昨日のとは別の黄色いスミレ。

-キバナノコマノツメ-

休憩入れつつ、撮影しつつ、進みます。
 

-イワウメ-                -コイワカガミ(白花)-

そして!見たかった白い花!!
 
ミヤマウスユキソウ!

これは見ておきたかったのね〜ん。最近は盗掘が多くてめっちゃ減った、って
歩いてたおに〜さんが言ってた。


こちらはだいぶ大株。

進入禁止のロープよりだいぶ奥側で、気がつく人もほとんどいない感じ。

見たかった白い花その2っ!

-ヒナザクラ-

想像通り、小さくて愛らしい花です(^^)

見たかった花見れて大満足しつつ、先に進みます。
 
チングルマもコイワカガミもばっちこ〜い!!


行く先は山、振り向くと下界...な眺め。よいね(^^)よいね(^^)(^^)

じゃんじゃん花も撮ります。






山にきたど〜・・・って眺めですなぁ。


やっと池のあるとこまでキタ〜♪

ここで行程約半分、ってことで休憩〜。

〜続きます〜
| 逃亡など。 | 20:10 | comments(0) | - |
東北逃亡(2)
前日に今回の相棒氏とめっちゃメールでやりとりした末の決定で。

7時前には仙台駅に。

新幹線乗るのは片手で数えれるぐらいなのです。

二時間ほど移動しまして...

ついたぜ盛岡!

予定繰り上げてよかった(^^)安定の旅先晴れ女っぷりでございます。

旅に出れば舞い降りてくる「珍」の神様のチョッカイも無事に振り切り、相棒様と合流。

レンタカーをゲットして!

まず向かうは...福田パン。

盛岡のソウルフード?といわれるコッペパンのサンドをお昼ごはんに買ってまたまた移動!

山が見えてきた〜!テンションあがる〜↑↑と完全に旅先テンションのおふたり様。




で、昼には山に向かうバス停のある「アルパこまくさ」に到着。

更にバスで30分ほど移動して...

着きました!秋田駒ケ岳8合目。ココから登ります。

と言っても、この時間からですし、我々ガチ山ヤではなく、花が見れればイイだけの人ですので最短距離で言って戻ってくるルートを選択。

いざざざ!ゆくぞなもし!


しばらく行くと...

-コミヤマハンショウヅル-
「わ〜!初めて見た!!!」と撮影しまくり〜の

大好きなショウジョウバカマに引っかかって先に進めないの...


わ〜いシラネアオイきれいきれい



とまぁ、大騒ぎでちっとも前に進めなかったり...

サンカヨウも雰囲気のある花ですなぁ〜・・・


全然目的の花のとこまで進めないのですがっ?!

そんなペースで8合目から2時間.....強風、小雨がぱらついてきた中で...

やっと会えた〜!


タカネスミレ様っ!!


すごい、すごい、すごい...や、山が黄色いよ...

ただただ圧倒されて頭悪そうな言葉しか出ない状態のワタクシ。
相棒殿がどう思っていたかは知る由もないが


高山に咲く黄色いスミレといえば、キバナノコマノツメしか見たコトなくて、秋田駒の
タカネスミレの群落にはめちゃめちゃ憧れていたのです。

ほんで、今年は山の花が早く開花しているのでダメかも....という前情報でドキドキ
しながらの山行だったのです。

ある仲良し様はこの花のベストコンディションの状態を見るために3回(3年...)
通ったという話も聞いていましたので、ダメかも、という思いもあったりして。。。



あ〜 来てよかったぁ〜


とは、心の底からそう思っておったのですが。

なかなかの厳しい状況でございますのな。 今、まさに、自分が。 気温8℃で短パンとか

わらって自撮りなんかしてる場合じゃない
ガスって周りの景色全く見えないし、小雨と風でめちゃめちゃ体温取られるし、先に
進めるような状況じゃないよね、と相棒殿と相談して潔く下山。

ま〜、下りで膝が笑うのなんのってもうね、日頃の運動不足もあってアンヨが上がらない
のなんのって。

ところどころで写真撮ったりはしますけんども。

-アカモノ?-

なんかわかんないけどキノコ



無事下山〜。


「アルパこまくさ」まで戻って、田沢湖見ながらの露天風呂しばきまして〜...

よし!一応無事に目的達成できたからお祝いのごはんを食べに行こう!

筋肉使ったから、お肉よ!お肉様が食べたいわ!!

あと、盛岡きたからには冷麺も食べたいんじゃね?

ってことで。

ぴょんぴょんるわけです。

ジュースとおビールでかんぱーい!!

しかし、まぁ、筋肉痛で体中ミッシミシ。

キャアキャアと女子会よろしくしゃべりまくりつつ、明日の悪だくみ(?)もしつつ、
お夕飯をすませて、宿に着いたのは9時半頃。あそびすぎた

お布団に倒れこんだら3秒で明日の朝まで墜落睡眠!なぐらいヘトヘトでございますが。

温泉は山降りてすぐ入ったけんども、泉質のすんばらしい温泉宿にお泊まりな以上、
入らないワケにはいきますまい!

で、レッツ温泉♪

指輪外すのわすれてたしw おつかれね

泊ったのは水沢温泉郷のお宿で、泉質もすこぶるよろしくお肌ツルッツル♪

アルパこまくさのホワイトボードに書き込まれていた山の花のメモみて復習しつつ
おやすみなさい。

| 逃亡など。 | 18:12 | comments(2) | - |
東北逃亡(1)
以前から6月後半の東北に行きてぇ〜・・・と思い続けて数年。

勢いとマイルが重なりましてっ!

めでたく実現っ(^^)

仙台行きは微妙な時間にて空港で腹ごしらえ〜


仙台-那覇便、知人に聞いたら大変人気な路線だそうだけれども....

ワタクシが乗るときはいっつもスッカスカなのですなぁ〜

おかげ様で広々座れていいけんど。

2時間40分の空の旅、あのテこのテで時間つぶしどす。。。


ついた〜\(^o^)/

時間もないので、とっとと仙台駅まで移動。移動。

ハイ。

Welcome to SENDAI, Agents とか言われるとニヤニヤしちまいますねぇ...

イベント参加が目的じゃなくっても。

そこいら中全部焼きまくりたい(Ingress的に)衝動はさておいて、タクシーでホテルへ。

ホテルに着いたらば、すでにお迎えにいらしていて恐縮至極!

ワタクシが仙台でお会いするといえば...

この方ですね(^^)仙台でお会いするのは2度目かしら

相変わらず素敵です♪ ご本人もお車様も(^^)

もうおひと方の合流を待ちつつ、仙台と言えば〜の牛タンではらごしらえでございますの。

牛タンのセットになぜかカレーがついてる謎セット。

向かいにお座りの殿方が小盛りのごはんだというのに、私ときたらどんぶりめしとか...(汗)

シアワセの厚切り牛タン〜♪

スイーツ盛り合わせと、不思議テイストのチョコとうふ〜

同じ車(というわけでもないけんど)乗ってる人3人集まればずっと車のハナシでございましたが、めちゃめちゃ楽しいひとときでした♪

雷蔵さん、わざわざ遠くから来て下さったあおいろさんありがとうございましたん★

ホントは翌日、雷蔵さん達の林道ツーリングに参加する予定だったのだけれども.....

お天気予報と相談して(仲良しさんとも相談した結果)、、、
ツーリングをキャンセルして更に北上です。。。
| 逃亡など。 | 14:46 | comments(0) | - |